テレビアンテナの種類

一般家庭用テレビアンテナの種類は現在大きく分類しますと、
UHFアンテナ、BS/CSアンテナとなります。

UHFアンテナ

UHFアンテナ説明UHFアンテナは、昭和40年代ころから、最初は難視聴地域の中継局用に、さらに親局用にも使用されるようになった13~62チャンネルの受信用アンテナです。

ご家庭で受信されているテレビ放送がUHFなのかVHFなのかわからないときは、ご使用中のアンテナで見分ける方法のほか、テレビ、ビデオなどの設定チャンネルを確認なさることで、判別できます。

基本的に地上デジタル放送もUHFアンテナを使用しますが、既存のものを利用するときは幾つかの注意が必要となります(→地上デジタル放送を見るには)。

BS/CSアンテナ

BS CSアンテナ
BS/CSアンテナは、衛星放送受信用アンテナとも言われ、丸い円盤型のアンテナを指します。アンテナ本体を衛星に向けるため、山やビルなどの電波障害が少なく広く普及しております。現在アナログ波とデジタル波で放送されています。

衛星アナログ放送も2011年7月で終了致します。衛星デジタル放送は引き続き視聴頂けます。(有料放送のほか無料放送も行っています。)

VHFアンテナ

VHFアンテナ
VHFアンテナは、昔からテレビ放送に使用されている1~12チャンネルを受信するためのアンテナです。そのVHFアンテナも2011年の7月を以って、アナログ放送が終了致しました。