「人間力」のある「人財育成」代表取締役メッセージ

人を創り、人を育て、人で勝負できる会社へ──

目指したのは「人間力」のある「人財育成」

私どもエデックは、1995年の創業以来、お客様に喜んでいただける配送・設置・工事、丁寧な接客、お客様を第一に考えた提案を自分たちの信念として行ってきました。家電量販店等の安売り合戦が激化し、質よりも量が認められた時代、規模も小さい業者が生き残るためには、少しでも多くのお客様にリピーターとして再度利用していただくという方法しかありませんでした。そのためにどう行動したらよいか──出た答えが「人創り」です。もちろん、技術は必要ですが、その技術を扱うのは「人」。当社は社員の年齢層も若い会社です。そのため、技術指導や接客を通して当社の考え方や信念を伝えながら、「人財育成」に力を注いできました。

仕事に対して誇りとプロ意識を持つ

「人創り」としてまず行うことは、仕事に対しての誇りや責任感、そしてプロ意識を育てること。当社では営業部を置かず、なるべく現場サイドに任せるような仕組みをとっています。一人一人の人間力を強化し、それぞれの持ち味を活かしながら、最高のパフォーマンスを行う。接客や提案はもちろん、お客様が求めることをいち早く察知し要望に応える。その結果、多くのお客様に「ありがとう」の声と笑顔をたくさんいただいています。他社に比べてクレームが圧倒的に少ないのは、取引先やお客様から信用をいただいているから。これらが、仕事に対しての自信や誇り、やりがいを生み、成長していく喜びや楽しさは、さらなるチャレンジ精神を生むというプラスの連鎖となりました。

社会的地位の向上を目指す人創りを

私どもの夢は関東一、そして日本一です。そのためには、一人一人のお客様を大切にしていくこと、当社にしかできないことにチャレンジし続けることです。クオリティを持続するための努力を惜しまず、これからも「人財育成」に力を入れていきます。めまぐるしく変わっていく世の中で、やはり必要とされるのは「人」。お客様や取引先、そして会社や仲間のためにと考えることが、一番の自分創りだと確信しています。個人の成長は、会社全体の成長につながります。会社も従業員も日々成長することで、常に次元の高いサ-ビスを提供することができます。当社では、これからもプロフェッショナルを育て続けることにより、業種自体の認知度を上げ、「社会貢献」「社会的地位の向上」を目指していきます。